浦和レッズと雑感と…


by ニゲラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

登山家 栗城史多

b0185771_16593832.jpg



各大陸の最高峰を征し、最後に残されたエベレストを無酸素で登頂めざす
登山家『栗城史多(くりき のぶかず)』をご存知ですか?

今回三度目のアタックを試みていましたが、昨日残念ながら断念しました。
7,800m地点まで登ったのですが、10月3日に高所順応で上がった際に雪に埋めておいた食料などの荷物がカラスに荒らされていたそうです。
シートで覆い、雪の下に埋めたにもかかわらず。






b0185771_1703920.jpg



毎回彼のブログや画像には、様々なコメントが寄せられます。
賛否両論です。
自信をなくしていた人、壁にぶち当たった人、たくさんの人たちが
彼の行動を見て勇気付けられたり、やる気をもらったりしています。
が、一方で、危険と隣り合わせの、無謀とも言える彼の登山スタイルに
あきれたり、腹を立てる人たちもいます。
万が一の時、どれだけの関係ない人に迷惑をかけるか、危険な目にあわせるか、ということでしょう。

けれど、私が一番彼の行動を評価するのは、「あきらめのよさ」「見極めのよさ」です。
今回も、目指す頂点は目の前でした。でも・・・戻りました。
本人は「もう涙は出すぎて出ません。」とツイートしています。



b0185771_1762878.jpg


今日の午後標高5,900m地点からの中継がありました。
栗城クンの後ろに見えるエベレストの空は、
悔しいくらい青かったです。



昨夜、栗城氏がアタックをあきらめたと知った時に
浮かんだ言葉がありました。

何だと思いますか?











                   さんまさんの 「生きてるだけで 丸もうけ」 でした。
                    
                   そう、生きていれば「次」があるんだよね。






b0185771_1773454.jpg
                                          (all photo by photost. jp)
[PR]
by nigera55 | 2011-10-13 17:21 | 日 記